MENU

吸えない呼吸から吸える呼吸に変える!たった1つの意識改革!

前回編はこちら!

おはようございます!

今回は、前回に引き続き、深呼吸について書きます!

深呼吸のポイント3つのうちの3つ目を書きたいと思います。

意識して練習すること。

1つ確認します

実際にやってみましたか?

前回までのステップで、既に2つのことを意識してやるようになったと思います。

そんな当たり前のこと、意識しなくてもできるわ!
何くだらないこと書いてるの!!

って今思ってる人、半分位はいるんじゃないかな?って思います。

ちゃんと言われたことはやってくださいね?
その為に、難しい内容は極力書いてないんですから、、、

これ読んでる人は、ある程度年齢を重ねた方だと思います。
若い子は健康になんて興味ありません。
それが若いってことですから。
きっと今頃お酒片手にダンスでパーティーで「ヒャッハー」してます!
この記事読んでませんよ(笑)

ならわかりますよね?自分がやってないこと。
やらなきゃ何も変わらないこと。
知識だけでは無駄です。

知識があることと実際にやることは、全く違います。

やってない人は、2つ前から読んで実際にやってみてください。

今までのおさらい

深呼吸に必要なポイントはなんだったでしょうか?覚えてますか?

姿勢

Young woman practicing yoga spine roll over white background

1つ目は、呼吸する際の姿勢に意識を向けること。

これは要するに、深呼吸をするときに、
鼻や口にばかり意識がいってしまうのを防ぐ目的です。
深呼吸に適した姿勢をすれば良いだけです。
背筋がS字カーブになるように~だとか、
腰を前に出して~とか、
あまりどうでもいいことには触れません。

背筋を伸ばせばいいだけですから(笑)

肺の感覚

2つ目は、肺の動きを感じること。

肺の動き、しっかり感じれたでしょうか?
これがしっかり出来ていない人は、
3つ目には行かないでください。


肺の動きを感じること。
これができるようにならないと、
深呼吸できているかどうかを自分で確認することができません。

息を思いっきり吸って、
苦しくてこれ以上吸えません!!

これ、深呼吸じゃありません。まだまだ入ります。
ゆ~~っくり吸うように言ったはずです。
思いっきり早く吸おうとしてる人は、

ちゃんとゆ~~~~っくり吸ってください。

ゆっくり吸わないと、肺にMAXまで空気が入りません。

もう一度いいますよ?

Closeup of business man checking time on watch. Entrepreneur waiting for someone. Appointment concept. Cropped front view.

ゆっくり吸え!!

さあ!やりましょう!!

意識して練習すること。

この2つの動作。

姿勢を正すこと。
肺に限界まで空気を入れること。

これらを意識して練習してください。

これを毎日決まった時間に行います。
おすすめは、朝起きてすぐです。

意識して練習すれば、練習するだけ体にとって良いことが起こります。
単純に肺の中に入る空気の量がどんどん増えていきます。

何も考えずに深呼吸をしていても空気の限界量は増えません。
意識して深呼吸を練習するから肺はどんどん機能をグレードアップしていきます。

空気の限界量を増やせば増やすほど、
深呼吸の時にかけられる時間は増えます。

意識して練習する理由は2つ

意識して練習をしていった先には、2つの到達点があります。

○常に無意識で限界まで深呼吸する習慣化。

○深呼吸にかけることのできる時間を増加。

深呼吸を意識してやることを癖にしてください。
癖にすることができれば、自然にしっかりと空気を吸うことができます。

自然に限界値を伸ばすことが可能です。

その結果、肺の機能はどんどん優れていきます。
深呼吸にかかる時間が、
10秒から15秒に、15秒から20秒に、

私の今の深呼吸の結果です。
吸ってから吐き出すまでにかかった時間です。
これ以上長くしようとすると苦しくなります。

深呼吸する際は、鼻から吸い、鼻から出してます。
このとき注意が必要なのは、止まることなくゆっくり吸い、もっとゆっくり吐くことです。
吐くのはどれだけゆっくりでも構いません。

調子のいい時は、2分くらい行けると思いますよ?

以上で今日は終わります。

明日は深呼吸により、体にどういう変化があるのかを説明させていただきます。

今日も読んでいただきありがとうございました( ^∀^)

まとめ

○1つ目と2つ目を必ずやってください。

○1つ目と2つ目ができない人は、3つ目を挑戦できません。

○ゆっくり吸え!!もっとゆっくり吐け!!

○意識して深呼吸しない限り、練習にならない。

○健康になりたいなら、意識して!!

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる